刻印にある使い道

工業高校からエンジニアを目指す

刻印の用途などについて

刻印は様々な製品に数字や記号などの印を付けることで、スタンプや印字したシールで対応していましたが月日が経過したり濡れると読めなくなるので、最近は製品に付けるダイレクトマーキングが主です。製品の付加価値を高めるシリアルナンバーや盗難や偽造防止のための特殊なものもあります。たとえば、トレーサビリティと呼ばれるものは製品の生産工程から市場に流通して消費や廃棄されるまでの経路も追跡と確認出来る管理システムで工業だと部品ごとに製造メーカーや製造番号を入れています。

↑PAGE TOP